読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キモオタのメモ帳

キモオタのメモ帳以外なんでもない

溺れるナイフDVD発売

「4月21日か、まだまだかよ」

ー配達中のお知らせー

「え!もう?早っ」

こうやって人生って終わっていくんだと実感しました。

帰宅して机上に置かれた茶色いダンボール。

「裏返してしまったら重岡さんが視界に入るんだよな…」と変に緊張するわたし。

とりあえずパッケージを大友くんに変えてみた。そしてとりあえず机に飾ってみた。どこに移動しても大友くんと目が合ってしまうことに気がつき、慌てて変えようと試みるも手が伸びなかった…直視できなかった…決死の覚悟でDVDを手に取り、ついに変えることができた。

菅田将暉?!金パ?!見る」

完全にサブカルホイホイに引っかかったノリで見に行きました。

菅田将暉小松菜奈以外誰が出ているか分からなかったのにまさか重岡大毅さん目当てでDVD買うことになるとは思っても見ませんでした。人生何があるかわかんねぇ…

重岡担になった現在の目で改めて見た感想として、確かに笑顔キラキラで元気な大友くんはTwitterでも「しげじゃんwww」と多く書かれていましたが、ラジオで濵田くんが言ったようにわたしたちオタクの知る範囲での「しげ」でもなければ「重岡大毅」でもなく、「大友」の姿を見せてくれたと感じました。わたしが一番感動したのは、Tシャツをダサく着こなしていること。ジャニタレならあんなピンクのTシャツを着ても「かっこいい」はずですが重岡さんはとってもダサくて逆に珍しいのでは?と思いました。きっと「重岡大毅」として着るのと「大友」として着るのではまた変わってくるんじゃないかと勝手に憶測しています。

そして噛んだのを使われたシーン結構あったのでは?と思ったのですが!わたし劇場では菅田将暉しか見ていなかったので気づきませんでしたが、間違い探し…いや、宝探しのような気持ちで見つけました。DVDだと「お?!今のは?!」というシーンを巻き戻せるので便利ですね(笑)

長々と語りましたが、要するに「ハマり役」ではあったけど「そのまんま」ではなかったなぁと。あの役は本当に重岡大毅さんにしかできなかったと思います。これはファンとしてではなく。劇場で一緒に見た友人も、興味の無かった自分も思ったので本当です(笑)

重岡担はもちろん、他担さんもぜひ余裕があれば手に取っていただきたい逸品。中学生から高校生に成長する重岡くんの姿が見れる。目玉商品“ ナチュラル小鳥キッス ”を合法的に見れる方法は溺れるナイフのDVD/Blu-rayを購入する以外にありませんよ。毎日手軽に溺れる生活をさぁ共に。

最後に一言。「重岡さんは小松菜奈ちゃんにガチで恋してしまったんだろうな」という目線で見るとさらに切なくなります。自担の失恋を励ましたいキモオタのみなさん、ぜひお試しあれ。